当方の真我観・悟り観, 真我で見るの意味

真我が見ることのできるものの一つは感情

真我が見ることのできるものは何も私たちの眼や耳などに入ってくるものばかりではありません。私たちの心に生じる気分や感情なども、真我が見ることのできるもののお仲間です。

今回は、真我が見る ...

当方の真我観・悟り観, 真我で見るの意味

鏡という名の手品師

鏡に映った自分の姿を見て、「あっ自分に似たやつがおる!」なんてことを思う者は人間の世界にはまさかいないでしょうが、動物の世界にはいるようです。昔見たテレビで、鏡に映った自分の姿を見て自分の仲間がそこに居ると思い込んで ...

当方の真我観・悟り観, 真我で見るの意味

 

同じ言葉が常に同じ意味を持つとは限らない

言葉というやつにはややこしいところがありまして、同じ言葉でも使用する人によって意味合いが違っていることがあります。それどころか場合によっては、一人の人間が一つのフレーズ ...

当方の真我観・悟り観

真我、それはこの世界の全てが消え失せてもなお残る何か

“「悟りシーン」のブルーオーシャン”とその続編を読まれた方であれば、ここで何の説明もなしに次のようなことを申し上げても、違和感なく受け止められるのではないでしょうか。

目 ...

当方の真我観・悟り観, 真我で見るの意味

真我と同一視されやすい「スクリーン上の映像」たち

前回お話ししたことのおさらいになりますが、私たちがその存在を指し示したり思い描いたりすることのできるもの、あるいは私たちにとっての対象物、これを仮にスクリーン上の映像だとしますと、真我( ...

当方の真我観・悟り観

多くの人が真我だと思っているもの=実は真我に見られているもの

私たちがその存在を認めることのできるものたち、ニサルガダッタ・マハラジ風に言うなら「私たちが指し示すことのできるものたち」を仮にスクリーン上の映像になぞらえるとしたら、 ...

当方の真我観・悟り観

心から心ではない何かへと自分が切り替わる悟り

悟りとは何か? という問いに対する答えは色々ありますが、その中の一つには次のようなものも含まれています。「自分イコール心という状態」から「自分イコール心ではない何かという状態」への切り替わり ...

当方の真我観・悟り観

悟り、それはこの世界の可視領域と不可視領域からの離脱

一つ前の記事では冒頭で、現在使用中の当ブログの説明文(ブログタイトルの下に記されているやつ)を取り上げましたが実は、あれの他にもいくつか、ボツにはなりましたが、私が考えた当ブログの説 ...

当方の真我観・悟り観

※この記事は『真我・垂直の次元の意識6〈悟りって何?編〉』の補足です。

当方の悟りの定義のおさらい

私が用いる真我の別名の一つに「真我という名の目」というのがあることからもお察しいただけますように、真我には見る働きがあります ...

当方の真我観・悟り観

心の一番深いところにある私を超えた領域

私の見立てでは、個としての私を超えた領域は二つあります。で、その中の一つは、私たちの心の一番深いところにあります。まずはこれについて見てみましょう。

ご存じの方はご存じのように、私たち ...