テキスト版/瞑想系キレキレ身体動作法《プロローグ編》

※当記事はYOUTUBE動画【瞑想系キレキレ身体動作法《プロローグ編》 】で使用されたナレーションテキストを記事化したものです。記事化に当たっては、部分的な修整をほどこし、要所要所に見出しを追加させていただきました。

※動画の中に出てくる字幕は、ここでは再現いたしません。

 

あらゆる身体動作に使える「過去断ちの法」&「瞬過去ふりかえり法」

はいっ こんにちわ。悟りんぼうバンザイ!チャンネルにようこそ!

今回取り上げさせていただくのは、私が「過去断ちの法」「瞬過去ふりかえり法」と呼んでいる二つの技法です。

「過去断ちの法」は真我から身体動作を起こすための技法、もしくは真我発の身体動作を実現するための技法。そして「瞬過去ふりかえり法」は潜在意識から身体動作を起こすための技法、もしくは潜在意識発の身体動作を実現するための技法、という風に押さえておいてください。

ちなみに、真我から身体動作を起こす技法には前出の「過去断ちの法」以外にもいくつかあるのですが、ここでは実践が最も容易で結果を出しやすい「過去断ちの法」一つに的を絞ってお話しさせていただくことを、お含みおき願います。

この「過去断ちの法」と「瞬過去ふりかえり法」に共通する分かりやすいセールスポイントは、どちらも超簡単にキレキレの身体動作を実現できる技法、言い換えれば、どちらも超簡単に動きにキレを出せるようになる技法だということです。

なので、どちらも身体動作と名のつくものになら何にでも使える技法であるとはいえ、特にお習字とかダンス、あと強いて言えば空手の型演武において、その持ち味を存分に発揮できる技法だと言えます。

が、申し添えておきますが、「過去断ちの法」を使った場合と「瞬過去ふりかえり法」を使った場合とでは当然ながら、そのキレの質には違いがあります。どちらが上でどちらが下という意味での質の違いではなく、種類の違いという意味での質の違いですね。それを説明すると次のようになります。

「過去断ちの法」を使うことによってもたらされる動きのキレはまじりっけのないキレ、それに対して「瞬過去ふりかえり法」を使うことによってもたらされる動きのキレはしなやかさが加味されたキレ。

つまりキレはキレでも、一方はまじりっけのないキレ、もう一方はしなやかさが加味されたキレ、というわけです。あなたは、どちらがお好みでしょうか?

例外的に呼吸にも使えるこれらの技法

前出の二法は基本的に、先ほどもチラリと触れましたが、体を動かすこと・身体動作に分類されるものなら何にでも使うことができます。例えば、お習字やダンスはもちろん、歩くこと、お掃除すること、ギターをひくこと、ソロバンをはじくこと、日曜大工、貧乏ゆすり、指パッチン、そしてハナひくひく、といったものにも。最後の三つはちと余計だったかな。

しかし、例外として、身体動作以外で「過去断ちの法」や「瞬過去ふりかえり法」を使えるものが一つあります。それは呼吸です。

呼吸はいわゆる身体動作ではありませんが、身体動作と同じように私に起こり、なにおかつ一つの動きを持っています。そういう意味での類似性が呼吸と身体動作の間にはあるんですね。呼吸に対しても前出の二法を例外的・応用的に使うことができるのは、そのために他なりません。

ただ、前出の二法を身体動作に使った場合と呼吸に使った場合の違いというものはあります。それは、身体動作に前出の二法を使った場合、身体動作のキレがよくなるのに対して、呼吸に前出の二法を使った場合、呼吸のキレがよくなるということはないということです。呼吸がキレキレになったからといって、一体何の意味があるんじゃい! という気がしないでもありませんけれども。

とはいえ、だからといってその時、呼吸に何の変化も起こらないというのではありません。その時、キレキレになるというのとはまた違う、別の種類の変化が呼吸に起こるのです。それについては後で触れることにいたしましょう。

さて、「過去断ちの法」や「瞬過去ふりかえり法」は本来は身体動作に使うための技法でありながら、例外的に呼吸にも使えることは今申し上げた通りですが、今回の話は、その「過去断ちの法」や「瞬過去ふりかえり法」を使った呼吸のやり方に関するものになります。

それを通して、間接的にではありますが、「過去断ちの法」や「瞬過去ふりかえり法」がどういう技法なのかということも見えてくるに違いありません。

「過去断ちの法」や「瞬過去ふりかえり法」それ自体のやりかたにつきましては次の回(瞑想系キレキレ身体動作法《本編》)にてお話しさせていただく予定です。ここからの話は、そこへ向けての前振りとお考えください。

「過去断ちの法」を使った呼吸のやりかた

まず最初に焦点を当てたいのは、「過去断ちの法」を使った呼吸のやりかたです。が、ここでは話を進めやすくするために、その呼吸を、次の三つに分類いたします。

一、過去の呼吸、二、今の呼吸、三、未来の呼吸。

それぞれをもう少し詳しく言い直したら、こうなります。

一、既に終了し過去のものになった呼吸(過去の呼吸)。

二、今あるリアルな呼吸(今の呼吸)。

三、まだ訪れていない未来に待っている呼吸(未来の呼吸)。

ご存じのかたはご存じのように、マインドフルネス瞑想やヴィパッサナー瞑想を使って呼吸をする場合には、二番目の今の呼吸すなわち今あるリアルな呼吸に心を向けることが求められますよね。

が、「過去断ちの法」を使って呼吸をする場合には、それとは別のことが求められます。逆に言えばそこでは、今あるリアルな呼吸に心を向けることは求められないんですね。意外だったでしょうか?

では、そこで求められるのは何なのかといいますと、一番目の過去の呼吸すなわち既に終了し過去のものになった呼吸に心を向けないことが求められるのです。

マインドフルネス瞑想やヴィパッサナー瞑想の流儀では、今あるリアルな呼吸に心を向けることが求められるのに対して、「過去断ちの法」の流儀では、既に終了し過去のものとなった呼吸に心を向けないことが求められるわけです。

マインドフルネス瞑想やヴィパッサナー瞑想と「過去断ちの法」の違いが、ここに端的に表れています。

今の話に出てきた「呼吸」は「吐く息・吸う息」と言い換えられ、「心を向けない」は「心で振り返らない」と言い換えられますので、「過去断ちの法」を使った呼吸のやりかたは、次のように言い表すことができます。

既に終了し過去のものとなった吐く息・吸う息を、心で振り返らないようにしながら呼吸をする。

では、既に終了し過去のものとなった吐く息・吸う息を心で振り返らないようにしながら呼吸をした場合、言い換えれば「過去断ちの法」を使って呼吸をした場合、それによって呼吸にもたらされる変化は、一体どのようなものなのでしょうか?

それに対する答えとして、次の二つを挙げることができます。一つは呼吸がハッキリクッキリしたものになること。もう一つは、体を元気にする力が呼吸につくこと。

二つ目の「体を元気にする力が呼吸につくこと」に関しては解説が必要ですね。これは、あくまでも私の体感と推測に基づいたものでしかないことをお断りした上で申し上げますが、ここに言う「体を元気にする力が呼吸につく」は「呼吸に備わっている空気中のブラナを取り入れる力が増す、あるいは活性化する」とも言い換ることができると思います。

ご存じのかたはご存じのように、スピリチュアル界隈では呼吸には空気中に含まれているプラナという眼に見えない元気のもとを取り入れる力があると言われております。が、私たちが「過去断ちの法」を使って呼吸をしている時というのは、その力が増すというか活性化されるみたいなんですね。

「過去断ちの法」を使って呼吸をすると、体を元気にする力が呼吸につく背景には今お話ししたようなことがあるのだろうと、私は踏んでいるわけです。

私のこの見立てが当たっているか否かは別として、私たちが「過去断ちの法」を使って呼吸をしている時には、体を元気にする力が呼吸につくという、そのこと自体は、私の経験則に照らして確かだと言えます。

なので、例えば電車に乗っている時など、特にやることがない時の時間の過ごしかたとして、「過去断ちの法」を使った呼吸の実践はオススメできます。また、それというのは、仕事の種類によっては仕事をしながらでもできるところがいいんじゃないでしょうか。

前述のようなメリットのある、「過去断ちの法」を使った呼吸の実践を、どのような形で行うかは皆さんの自由におまかせしたいと思います。

「過去断ちの法」を使った呼吸についてのお話しは以上です。